ビジネスアイデア事業化プログラム

重点6分野(廃炉/ロボット・ドローン/エネルギー・環境・リサイクル/農林水産業/医療関連/航空宇宙など)をはじめ、浜通りで展開する新規ビジネスのアイデアを持っている新事業立上げ等を志す企業、個人の方を対象に、活用するシードを経験豊富な専門事業者がブラッシュアップを行い事業化に導きます。

公募終了
プログラム期間:2020年9月下旬~2021年1月末

支援プログラム

ワークショップ
東北地方、関東地方それぞれで各5回のワークショップを開催。事業化アイディアのブラッシュアップを目指します。
伴走型個別メンタリング
事業化支援経験豊富な担当メンターによる、プログラム期間を通じたメンタリングを実施します。
ピッチイベント
ベンチャーキャピタルや大企業に対してピッチ。プログラムを通じてネットワークを構築できます。
ピッチイベント
ベンチャーキャピタルや大企業に対してピッチ。プログラムを通じてネットワークを構築できます。

募集対象・応募条件

  • 福島県浜通り地域等15市町村(イノベ地域):いわき市、相馬市、田村市、南相馬市、川俣町、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、新地町、飯舘村にすでに立地している、または、同地域に根差し将来的なビジネス展開を行う意思を有する個人、企業及び、同地域に法人格を有する団体等と連携して事業を行おうとする個人、企業であること。なお、本事業期間内における上記個人、企業の主たる活動地域が、イノベ地域内でなくてもよい。

  • 技術シーズが以下のどれかの分野に当てはまること。
    廃炉、ロボット・ドローン、エネルギー・環境・リサイクル、農林水産業、医療関連、航空宇宙
    *お考えの事業シーズがあれば、上記6分野に当てはまらなくても広くご相談ください。

  • 期間中の全てのプログラムへの参加が可能であること。

  • 「 地域復興実用化開発等促進事業費補助金 」で採択されている場合は、採択されている事業テーマと同一のテーマで応募しないこと。

  • 暴力団、暴力団員、暴力団関係企業、その他これらに準ずる者(暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者)(以下これらを「暴力団員等」という。)に該当しないこと及び次の項目のいずれにも該当しないもの。

    ア) 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること。

    イ) 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること。

    ウ) 自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること。

    エ)暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること。

    オ)役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること。

事業スケジュール

ワークショップの概要

応募方法(公募終了しました)

  • 内部審査実施後、9月中旬に採否を発表致します
    ※評価の観点支援先として決定するにあたっては、イノベ地域と連携した活動意欲、計画(構想)の実現可能性、シーズ・事業・課題解決方法などの新規性、社会的なインパクトなどにより総合的に判断します。
  • 応募状況によりインタビューをお願いする場合があります

お問い合わせ

<ビジネスアイデア事業化プログラムに関して>
担当者:株式会社クリーク・アンド・リバー社  
イノベーションプロデューサー 加藤 寛之
連絡先:メールアドレス/seadas@hq.cri.co.jp
電話番号/ 090-2149-7686


<本事業全体に関して>
事業主:公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構
担当者:事業創出支援課 髙山、花形、須藤、七海
連絡先:〒960-8043
福島県福島市中町1-19中町ビル6階
メールアドレス/jigyoshien@fipo.or.jp   
電話番号/024-581-7045
FAX/024-581-6898