福島イノベーションコースト構想 ビジネスアイデア事業化プログラム

福島であなたの発送が動き出す 福島イノベーションコースト構想 ビジネスアイデア事業化プログラム 福島であなたの発送が動き出す 福島イノベーションコースト構想 ビジネスアイデア事業化プログラム

ビジネスアイデア事業化プログラムとは

福島イノベ地域*において、重点6分野で起業や事業化をめざす企業や個人の方を対象に、経験豊富な専門事業者が技術シーズのブラッシュアップを行い、事業化に導くプログラムです。

*福島イノベ地域とは
福島県の浜通り地域等に位置する15市町村(いわき市、相馬市、田村市、南相馬市、川俣町、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、新地町及び飯舘村)をいいます。

重点6分野について

廃炉

ロボット
ドローン

エネルギー・環境
リサイクル

農林水産業

医療関連

航空宇宙

*申込に際し、どの重点分野に当てはまるかお悩みの場合など、広くご相談ください。

支援プログラム

ワークショップ

福島・関東地方それぞれで各5回のワークショップを開催。事業化アイデアのブラッシュアップを目指します。

伴走型個別メンタリング

事業化支援の経験豊富なメンターが、プログラム期間を通じたメンタリングを実施します。

ピッチイベント

ベンチャーキャピタルや大企業に対してピッチ。プログラムを通じてネットワークを構築できます。

ワークショップ概要

 福島・関東で各5回の開催です。

DAY
1

起業マインドの醸成

●先輩起業家の実体験を学ぶ

●「自分もああなりたい!」という身近なイメージを持つ

DAY
2

技術シーズの用途仮説

●用途仮説の考え方
・技術の特徴の把握
・キーワードの抽出

●グループワーク
・用途仮説の発表
・フィードバック

DAY
3

技術シーズの仮説検証

●仮説検証の考え方

事業化に必要な3つの要素
①顧客の課題
②課題を解決するソリューション
③世の中に与えるインパクト

●ヒアリングのテクニック
●ヒアリング練習

DAY
4

ビジネスモデル概論

3つの要素以外に抑えるべき項目

・競合優位性
・マネタイズと市場規模
・チームビルディング
●プレゼン技術の基礎
●人に伝える方法
●プレゼン練習+フィードバック

DAY
5

ピッチ練習

●全員が本番と同様の環境でピッチ

●メンターによるフィードバック

●参加者同士でフィードバック

*開催場所によるプロブラム内容の違いはありません。
*ワークショップの内容は予告なく変更される場合があります。

動画アーカイブ

昨年のピッチイベントを動画でご覧いただけます。

アーカイブはこちら

メンター

6つの重点分野に特化したメンターが、あなたのアイデア・技術を一緒に事業化に導きます!

株式会社ツクリエ
中小企業診断士

丸山 大輔

専門領域:
ビジネス全般

株式会社ツクリエ
取締役

佐々木 博

専門領域:
ものづくり、ヘルスケア、農林水産業、エネルギー

*他にもさまざまな分野に特化したメンターが本プログラムに参加します。

スケジュール

エントリー開始

4/26(月)

エントリー締切

5/31(月)
17:00

選考・採択者決定

7月上旬

ワークショップ
(計5回)

8月〜12月
予定

ピッチイベント

令和4年 1月下旬
予定

*スケジュールは予告なく変更される場合があります。

*応募結果について
採択については、外部有識者を含めた採択委員会にて審査を行います。審査結果は、令和3年7月上旬までに「公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構」より個別に通知予定です。

応募条件

〇福島県浜通り地域等15市町村(イノベ地域):いわき市、相馬市、田村市、南相馬市、川俣町、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、新地町、飯舘村にすでに立地している、または、同地域に根差し将来的なビジネス展開を行う意思を有する企業、個人等及び、同地域に法人格を有する団体等と連携して事業を行おうとする企業、個人等であること。なお、本事業期間内における上記企業、個人等の主たる活動地域が、イノベ地域内でなくてもよい。

〇技術シーズが以下のどれかの分野に当てはまること。廃炉、ロボット・ドローン、エネルギー・環境・リサイクル、農林水産業、医療関連、航空宇宙
*申込に際し、どの重点分野に当てはまるかお悩みの場合など、広くご相談ください。


〇原則、期間中の全てのワークショップ、ピッチイベントへの参加が可能であること。

〇「 地域復興実用化開発等促進事業費補助金 」で採択されている場合は、採択されている事業テーマと同一のテーマで応募しないこと。

〇暴力団、暴力団員、暴力団関係企業、その他これらに準ずる者(暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者)(以下これらを「暴力団員等」という。)に該当しないこと及び次の項目のいずれにも該当しないもの。
ア)暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること。
イ)暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること。
ウ)自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること。
エ)暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること。
オ)役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること。

応募を検討される方は募集要領をご確認ください。

募集要領はこちら

エントリー受付期間

令和3年4月26日(月)5月31日(月)17:00

エントリーはこちら

ビジネスアイデア事業化プログラム説明会

皆さんの技術シーズ/ビジネスアイデアの事業化を伴走支援する担当者が、プログラムの内容を分かりやすく説明します。
プログラム内容を詳しく知りたい方、エントリーを検討している方はぜひご参加ください。

日時:令和3年5月12日(水)
15:00~17:00
会場:オンライン
料金:無料

説明会申込はこちら

お問い合わせ

【Fukushima Tech Createに関して】
Fukushima Tech Createセンター
公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構
産業集積部 事業創出支援課
〈連絡先〉
E-mail:jigyoshien@fipo.or.jp
TEL:024-581-7045

【ビジネスアイデア事業化プログラム・プログラム説明会に関して】
「ビジネスアイデア事業化プログラム」運営事務局
〈担当〉
株式会社クリーク・アンド・リバー社
〈連絡先〉
E-mail:innovation@hq.cri.co.jp
TEL:090-2149-7686